格安SIM(スマホ)| 楽天モバイルにMNPしたい!|評判

ドコモ20年の私が楽天モバイルに惹かれる理由

わたしはドコモをすでに20年近く利用しています。途中で何度かMNPしようかと考えたこともありますが、とにかく家内も長女も次女もドコモ。すでにかなりの長期利用割引も適用されていることもあって、決断することもできず、ここまできました。

過去、ここ数年もわたしがMNPしようと提案したときに家族から反対された理由は「利用したい端末がわからない」「せっかくここまで安くなっているのになぜMNPするのか」といったところに焦点は絞られていました。

これまでは、この点でどうしてもうまく答えることもできず、ここまでいたったのですが、今であれば、しっかりロジカルに家族に提案してMNPにもっていけるような気がしています。

まずは端末です。実際に今、利用している端末が家族全員がSIMフリー対応の端末になります。ですから、「ほしい端末がないから」という理由はまず当てはまりません。むしろ、今の端末のまま、SIMカードだけを入れ替えればいいわけですから。

次に料金面です。もちろん、端末を買い換える際には長期利用者に優遇される場合もあり、かつ毎月の維持費用に関してもメリットがある場合はあります。しかしながら、今の格安スマホ会社との契約であれば、それもまったく問題ないくらいの毎月の維持費の安さです。1年も利用すれば、2年縛りの途中解約であってももとがとれるのではないでしょうか。

あとは、我が家の場合はキャリア独自メールは家族4人が誰も利用していませんし、キャリア独自のならではのサービスも利用していません。さらにはドコモのポイントであるdポイントも意識してためておらず、かつ利用してもいないのが実態になります。

そこで、今私が検討しているのが楽天モバイルです。我が家の場合は今使っているスマートフォンがそもそもお勧めであることから、MNPして通話つきのSIMカード契約を行いたいと考えています。

実際に家族4人でMNPすると手数料で1回線あたり3000円はかかってきますし、2年縛りの違約金もかかってくるのはあたり前です。しかしながら、今はドコモで毎月端末代金無しでも25000円強を支払う状況です。

これが楽天SIMの通話SIMになったとしましょう。初期費用は事務手数料のみ。SIM代金は必要なしですみます。さらに仮に5GBまでの利用を前提としたら毎月3000円弱ですむことになるのです。これであれば、家族全員でも13,000円程度で今の半分です。要するに年間で100,000円以上のコストダウンになるわけですから、2年縛りの違約金など一切気にならないといっても過言ではないでしょう。

そして、それ以上に私自身が楽天グループをすべてにおいて利用しているメリットがここで生きてくることになります。実際に楽天モバイルの利用を行えば、楽天モバイルの支払いに対してすべて楽天ポイントが加算されますし、楽天市場の利用に当たって、楽天モバイル加入中であれば、常に楽天セールが開催されていなくてもポイントが2倍になってくるわけです。

これを考えたときには前述の毎月の維持費用と加算すればかなりのお得になるといっても過言ではないでしょう。そもそもが楽天モバイルはドコモの回線を借りて運用しているだけにエリア的にはまったくそん色なく利用することは可能です。

もちろん、回線が込み合う時間帯などは少しストレスがたまるかもしれません。さらには我が家の場合、家族全員で30GBを今は使いながら生活しています。しかし、これについても今は自宅でもWifi利用していますし、屋外でもカフェや公共の場所、さらにはコンビニエンスストアなどでもWifiが利用できる環境が整いつつある中、楽天モバイルの回線を利用せずとも生活することができる環境になっているといえるでしょう。

ですから、コスト面、使い勝手面、そして毎月の維持面に関しても間違いなくMNPして楽天モバイルを利用したほうがメリットを享受できることは間違いないのです。課題があるとすれば、SIMカードの契約にした場合、新しい端末が発売された場合、どうしてもその端末の代金が高くなってしまうところかもしれません。これは実際のところ、致し方ないところです。むしろ、中古端末市場などをうまくウォッチしながら、コストパフォーマンスの高いモバイルライフを家族全員で送っていくことこそが非常に重要になってくるのでないかと感じています。

関連:【月5,000円も安くなる】格安SIM乗り換えで失敗しないための徹底比較

【月5,000円も安くなる】格安SIM乗り換えで失敗しないための徹底比較