iPhone X の音割れに関する辛口レビュー|解決策・改善策は?

iphone Xの音について世間では賛否両論があります。私自身がiphone Xで体感した事を今回ご紹介したいと思います。

従来のiphoneと同じく高音質だが。。

まず、iphone Xの音質についてですがこれは従来のiphoneと同じく高音質で非常に満足しています。イヤホンに関して言えば高額なイヤホンを使用するのとあまり変わらず非常に優秀です。

ですが正直なところこの点だけが満足な所と言えるでしょう。

音割れに関して

不満足な点はそれ以上にあり問題も山積みです。まず、音割れの被害についてですがこれはもう世間の意見通りひどいもので、まだ、iphone X全てが同じ状態で音質に問題があるならいいのですが、今回のこの音割れ問題ではなんとiphone Xの個体によって症状がバラバラなのです。

ひどいものでいくと音量の半分を出しただけで音割れがおこるものそして、Max付近で起こるものと全く起こらない物など製品に統一されて起こっているのではないのです。

言うなれば高額な料金を払って回しているガチャの様に不安定な物を購入者に与えていたのです。

ノイズの具体的な特徴としてはバリバリやガリガリといった特有の電子音がなる様です。わたしのはガリガリといった特有の音でした。

ノイズの大きさで言うと音楽を聞くのには確かに気になる音の大きさでガッカリしました。因みにこの音は音楽を聞くときだけでなくアラームやスピーカー通話でもノイズが鳴るのでスピーカー通話は本当にできないレベルの酷さでした。

ですので車の運転でのハンズフリー機能はほぼ使えないといった様な感じです。

解決法は?

この問題について解決策は何か無いのかと言うとそうではないです。

具体的な方法としては
1.「ホーム画面」→「AppStore」の「アップデート」からインストールしているアプリを最新バージョンにアップデートする方法。

2.「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンにアップデートする方法

3.「ホーム画面」→「設定アプリ」→「サウンド」→「着信音と通知音」のすぐ下にあるスライダーを左側にする。

またこれらで解決されない場合は
1.ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ストレージ」からiOSデバイス本体の空き容量を確認する

2.「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ストレージ」から「AppStore」以外のアプリをアンインストールする。

3.「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「リセット」→「スライドで電源オフ」からiOSデバイスを再起動後してください

4.「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「システム終了」を選択することにより、iOSデバイスの電源を落とせます。

5.「バッググラウンド(マルチタスク)画面から全てのアプリを上にスワイプし、再起動後に同じ設定を行ってください。

6.「サイドボタン」と「音量ボタン(マイナス)」を長押し→「スライド電源をオフ」を右にスワイプし、iOSデバイスの電源を終了し、再起動に試してください7.「音量ボタン(マイナス)」を押す、「音量ボタン(プラス)」を押す、「電源ボタン」を長押しし、iOSデバイスを再起動をする。

など様々な対策が海外サイトでは取り上げられています。

その上、Appleはこの音質の問題については早急に取りかかると意志を表明しているので何も悲観的になるのではなくこれからのアップデートで確実にこの音質の問題は解決されると思います。また、音質とは少し離れますがアラームにもデフォルト音声として新しい音楽が追加されたのでこれもまた1つ楽しみな所です。

さて、ここまでiphone xの音質についてあれこれ記述しましたが私としてはオーディオに拘るならば購入をお勧めしません。ノイズはApple社の専用のオーディオに繋いで聞くと軽減されるそうです。

音楽を手軽に垂れ流しで聞きたい方にとっては苦痛なのかもしれないですが家でゆっくり機械につないで聞くならばあまり問題はありません。

それに外ではイヤホンをして音楽を聞き通話はハンズフリーを使わなければあまり問題にならないからです。それ故にこの問題については賛否両論もあるのだと私は考えます。

iphone Xのスピーカー機能について問題はあるもののApple社はこの問題を早急に解決するの表明していますし更に、搭載されている設定を弄ればスピーカーのノイズもまだマシになったり。何よりオーディオに拘るならば専用の機械に繋いで聞けばあまり関係のない事なので私としてはiphone Xはやはりイヤホンやノイズ無しの音声を考慮すると素晴らしい機械であるなと考えます。ただし、営業や仕事で車に乗っている時またはハンズフリーでよく外で通話すると言う人にとってはこれからのアップデート状況をみつつ購入を検討するべき1つであるなと思います。